plantbasedtokyo.jpg

書店またはAMAZONにて!


TEAM

著者 | AUTHOR  MOMOKO NAKAMURA | 中村 桃子

著者 | AUTHOR

MOMOKO NAKAMURA | 中村 桃子

フォトグラファー | PHOTOGRAPHER  WAKI HAMATSU | 濱津 和貴

フォトグラファー | PHOTOGRAPHER

WAKI HAMATSU | 濱津 和貴

デザイナー | GRAPHIC DESIGNER  RYOTA IWAMATSU | 岩松 亮太

デザイナー | GRAPHIC DESIGNER

RYOTA IWAMATSU | 岩松 亮太


PLANT-BASED TOKYO

English/Japanese bilingual book, available in bookstores in Japan, as well as at Amazon Japan.

To be an international stockist, contact plantbasedtokyo@thericegirl.com.

Where to eat plant-based in Tokyo!

Rice Girl introduces the people, places, and things of plant-based cookery in Tokyo. Next generation chefs, whose stories unfold in this book, take a uniquely Japanese approach to plant-based cooking. They identify cooking methods that best align with the traditional Japanese microseasonal calendar, while incorporating aromatics and fermented foods. Japan’s plant-based cuisine is particularly interesting because it is a product of a long culinary history of vegan and vegetarian diets, learnings from grandmothers’ kitchens of yesteryear, and the ever-keen interest of Japanese to sprinkle in flavors from afar. These are the top places to eat plant-based in Tokyo!


PLANT-BASED TOKYO

東京ベジ帖

日・英の2カ国語対応の、眺めても美しいベジ本のご案内

お米を通じて、日本と世界を結びたい!

そんなアメリカ育ちの RICE GIRL 初となる著書今までにない、
魅力的な物語溢れる 東京ベジ帖「Plant-based Tokyo」全国発売中!

日頃から日本食の素晴らしさやお米を広める活動をしている著者、RICE GIRL こと中村桃子。愛用しているお店を取材、フォトグラファーの濱津和貴が撮影し、料理人の物語を通じてお店を紹介している。

プラントベースとは野菜中心の暮らし。育てる人、作る人、届ける人、食べる人。ライフスタイルを問わず、野菜好き。大地の恵みで人間は活かされている。自然環境にも、体にも優しい食べ方かもしれない。でも、何より美味しい。こだわった食材、愛情のある調理法、丁寧な提供の仕方。

蒸し、焼き、茹で、揚げ、煮込み。季節に寄り添った調理法と楽しいアクセントになるスパイス、ハーブ、発酵調味料を使用するプラントベース料理は日本ならではのアプローチ。世界では野菜料理イコール、プラントベース。その中でも日本のプラントベースは見事に奥深い。それはプラントベース料理の歴史が長いからかもしれない。日本人はそもそも、そんなに動物性のものを食べる人種ではなかった。ゆえに体が最も喜ぶ基本食材は野菜であるはず。

「Plant-based Tokyo 東京ベジ帖」

発行 : 2019年 6月 17日発売予定
著者 : 中村桃子
発行 : マイルスタッフ
発売 : インプレス
ISBN : 978-4-295-40316-6
A5版オールフルカラー288Pの上製本
定価 : 3,200円(税別)

※予価 全国書店、Amazon、楽天などにて販売同時電子書籍化決定。世界200カ国へ向けて配信